原点はドイツ整形外科靴との出会い

1998年頃に私は、当時勤めていた健康靴店で毎月開催されていた靴の相談会に来ていた整形外科靴マイスター、クレメンス・ハーゲン氏に出会う。

重篤な変形足や、歩くのがとても辛そうなお客様に誂えのインソールと靴を作るのが彼の仕事であり、卓越された靴作製技術と深い医学的知識を持って作り出される彼の靴に大きく衝撃を受けた。

それから数年後に、埼玉県の宮原に小さな健康靴店を妻と始めた私は、すぐにハーゲン・マイスターに相談会開催をお願いしたのは、自然の流れである。
というのもそれは、もちろんお客様のためであり、そして私自身がハーゲン・マイスターの知識と技術に触れて毎回教えを乞うのが目的だったからである。

ビールが好きなこと、登山が好きなこと、本の話や政治の話など、意外なほど趣味嗜好が似ていて、深く付き合える友人となった。

移転、工房開設

それから5年後に自分の可能性を試してみようと八王子へ移転。
開業後から順調にお客様が増え、スタッフも増えたところで私とハーゲン・マイスターは靴工房の開設を計画。

偶然にも店舗から2分ほどのところに、大きな窓と高い天井を持つ開放感にあふれた物件を見つけその場で契約を結ぶ。

作業効率が上がるようにレイアウトには十分時間をかけ、作業台、革置場、天井を走るコードや排気ダクトなど、全て手作りで思い通りに作る。
2015年のクリスマスにドイツから機械その他が届き、工房が完成する。

  • オーダーメイドシューズ工程カウンセリング
  • オーダーメイドシューズ工程カウンセリング
  • オーダーメイドシューズ工程カウンセリング
  • オーダーメイドシューズ工程カウンセリング
  • オーダーメイドシューズ工程カウンセリング

パトリックマイスターからの便り

けして広くない1店舗で、スタッフを抱えながら立派な工房を持つ。周りの同業者にとっては信じがたい事だったらしく、はたして何年つづけられるのかと言われもした。
意欲満々で、しかも楽観的だった私は、ハーゲン・マイスターに常にアドバイスを受けながらこのチャンスを逃さず、足の悩みのある方の靴を作り続け、工房と店舗の運営という未開の分野を乗り切った。

ようやく工房も軌道に乗り出したまさにその時に、ベルリンにいるパトリック・マイスターからメッセージが来た。

「Hi Fukushi-san.靴マイスターをスタッフに加えませんか?」
それに続いた言葉が 「毎月何足作れていますか?それをもっと増やしませんか?それもクオリティを十分上げて。」

初めて彼に出会ったのは3年前。
兵庫県三田市で行われたセミナーの帰りに、神戸にあるエディ・マイスターのショップへ寄ったとき。彼が新しいシステムのオーダーサンダルを私に作ってくれたのだ。とてもフランクに気持ちよく会話し、また是非会おうと握手した記憶がある。

その後彼は、実家のあるベルリンに戻りとても大きな整形靴メーカーに勤めていたのだが、もう一度日本で働きたくてメッセージをくれたのだ。
まだこれから始まるGozovationの可能性に魅力を感じて。

We Make Your Shoes.

それから彼が来日してハーゲン・マイスターと3人でこれからについて話し合った。
パトリックの熱意とクレメンスの大いなる助言から、私はさらに自分の可能性にかけてみることにした。

Now we are here

今私たちは、日本では例のない靴屋を目指しています。

それは十分に専門的に、歩行を助けより快適に歩ける靴を提供すること。
それは美しい靴を求めてGozovationを頼って来られる、お客様のために。

Gozovationのセンス×整形外科靴マイスターのテクニック

怪我やご病気で歩行が困難な方に作る特別な靴はもちろん。ご希望がエレガントなメンズドレスシューズであっても、十分な足の検査と歩行のチェックから、様々な知識とアイデアを掛け合せて靴を設計します。

そして出来上がった靴は、お客様が求めている以上の靴を提供することがGozovationの使命です。

美しくエレガントな日本の整形外科靴を。
知識と技術に基づいたエレガントな靴をご提供していきます。

靴のこと・足のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

 お電話でのお問い合わせ

042 621 0007

 メールでのお問い合わせ

contact